当社では、コンクリート構造物のメンテナンス業務や土木事業、調査点検事業を行っております。ウォータージェットや靭性モルタルなど何でもお問合せ下さい。
お問合せはこちら
株式会社デーロス・ジャパン
HOME 事業内容 会社概要 お問合せ
ウォータージェット
 
構造物補修・補強
調査・診断
靭性モルタル
水路ライニング工法
水路ライニング工法
水路ライニング工法
ウォータージェット工法
犠牲陽極工法
水路ライニング工法
水路ライニング工法
 
住所

株式会社デーロス・ジャパン
〒921-8005
石川県金沢市間明町2-70

 
TEL/FAX
TEL:076-229-7260
FAX:076-229-7261
 
MAIL
 
ウォータージェット

 ウォータージェット工法は、超高圧ポンプ(150MPa以上)で加圧した水を高速の水噴流として噴出させ、コンクリート面等の下地処理やはつりを行う技術です。
下地処理にウォータージェット工法を行うことにより、脆弱層の除去が確実に処理でき躯体コンクリートと補修材料を確実に一体化することが可能です。
施工中写真

ウォータージェットの特長

確実な劣化部・脆弱部の除去
適切な圧力と流量を設定することにより、既設鉄筋を傷めずにコンクリートの劣化部や脆弱部を除去することが可能です。
ブレーカー等より振動が少ない
ブレーカ、削岩機などの打撃破壊とは異なり、高圧水のエネルギーにより、コンクリート面を破壊するので振動が少なくなります。また、コンクリート面に与える変形、残留物が少なく、マイクロクラックもほとんど発生しません。
付着性
ウォータージェットによる下地処理を行うことにより、既設コンクリート表面の脆弱層を選択的かつ完全に除去するため、付着性が高まり長寿命化が図れます。
塗膜や付着物の除去が可能
圧力の調整により、塗膜や付着物だけを除去する「洗浄処理」も可能です。


従来工法とWJ工法の比較

従来工法 WJ工法
1.コンクリート健全部にマイクロクラックが入る
2.鉄筋を傷つける
3.ノミ先の当たり方によりはつり残しが生じる
4.はつり面にコンクリート切粉が付着する
  1.健全部に影響がない
2.鉄筋を傷つけない
3.確実に劣化部・脆弱部を除去する
4.施工面は洗浄された状態となる


表面処理状況

ハンドガンによる表面処理   処理完了

表面処理後の付着試験の一例
工法 ディスクサンダー 高圧洗浄 ウォータージェット
試験後状況
脆弱層の除去程度 脆弱層が残っており、
一体化が難しい
脆弱層が残っており、
一体化が難しい
脆弱層が除去され
ており、一体化が可能
破壊箇所 界面破壊 界面破壊 母材破壊


配置図
ウォータージェット工法を行う最に使用する装置・機械の配置図




  HOME事業内容会社概要お問合せ
Copyright (c) 2008 Deros-japan Inc. All Rights Reserved.