当社では、コンクリート構造物のメンテナンス業務や土木事業、調査点検事業を行っております。ウォータージェットや靭性モルタルなど何でもお問合せ下さい。
お問合せはこちら
株式会社デーロス・ジャパン
HOME 事業内容 会社概要 お問合せ
靭性モルタル
 
構造物補修・補強
調査・診断
靭性モルタル
表面含浸材
水路ライニング工法
床版端部下面補修工法
ウォータージェット工法
犠牲陽極工法
放電破砕工法
 
住所

株式会社デーロス・ジャパン
〒921-8005
石川県金沢市間明町2-70

 
TEL/FAX
TEL:076-229-7260
FAX:076-229-7261
 
MAIL
 
靭性モルタル

 靭性モルタルは、ひずみ硬化特性や複数ひび割れ 特性を有した「高靭性セメント複合材料」で、日本コンクリート工学協会及び土木学会コンクリート小委員会で研究を重ねられた最新技術の材料です。引張終局ひずみが0.5%以上とひび割れ抵抗性に優れており、耐凍結融解性及び耐摩耗性等の耐久性が高いため、従来のポリマーセメントモルタルの約2倍程度の長寿命化が期待出来ます。

NETIS登録番号 HR−110002−A

モルタル写真

参考文献:

土木学会「複数微細ひび割れ型繊維補強セメント複合材料の評価と利用」
「複数微細ひび割れ型繊維補強セメント複合材料」設計・施工指針(案)

靭性モルタルの構成

特殊短繊維
PE+PVA繊維
  特殊ポリマーセメント
モルタル
  高靭性繊維補強
セメント複合材料
特殊短繊維 PE+PVA繊維 特殊ポリマーセメントモルタル 高靭性繊維補強セメント複合材料


靭性モルタルの特徴

一軸引張応力下における性能

・直接一軸引張応力下(写真)で、ひずみ硬化特性及び複数微細ひび割れ特性を有します。

 
・ひずみ硬化特性: 引張応力下でひび割れ発生後においても、引張応力の低下が無くひずみが増加する特性。
 
・複数ひび割れ: 一軸引張応力下において、初期ひび割れ発生後も複数の微細ひび割れ(幅約0.2o以下)が継続的に形成される特性。

4点曲げ載荷試験状況
引張試験状況

物性値の表

試験項目 規格値 試験方法
フロー値 150±20mm JIS A 1171(JIS R 5201)
圧縮強度 30N/mm2以上 JSCE K 561
曲げ強度 8.0 N/mm2以上 JIS A 1171(JIS R 5201)
引張強度 3.0 N/mm2以上 ダンベル型一軸直接引張試験
(養生:温度20±2℃、湿度55±5%)
引張終局ひずみ 0.5 %以上
付着力 1.5 N/mm2以上 JSCE K 561
硬化収縮率
(寸法安定性)
0.05 %以下 JIS A 1129
曲げ靭性係数 2.3 N/mm2以上 JSCE G 552
磨耗量 3.5g 以下 JIS K 7204
(摩耗輪:H22、荷重:9.8N)
1.5 以下 水砂噴流摩耗試験
(材齢28日、10時間摩耗)
中性化深さ 5mm以下 JIS A 1153
凍結融解性能
(相対弾道性係数)
97%以上 JIS A 1148
短繊維混入率 1.6 vol%以上 -




ひび割れ抵抗性能の検証

開水路 BOXカルバート 水路構造物
開水路   BOXカルバート   水路構造物




  HOME事業内容会社概要お問合せ
Copyright (c) 2008 Deros japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.